Farmstay Diary
★ きまぐれ日記 ★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すがすがしい季節になりました。
お庭もすっかり宿根草が花盛りで一番きれいな時期です。
雨に打たれながらも頑張って今年も咲いてくれました。

CIMG3151.jpg

CIMG3156.jpg

梅雨に入り 気温の低い日が多く 日中でも20度を下回る日も少なくありません。
洗濯物も乾かしたいので 最近でも時々薪ストーブを点けるのですが 暑くなくむしろ快適です。
薪ストーブを使わない月は7,8月の二か月くらいで 本当にここにいると 薪と米さえあれば生きていけるな・・・と、田舎の暮らしにますますご満悦です。

先日 ここよりもっと田舎(失礼!)の八坂村に行く用がありました。
出かける予定をしていたその日 相棒の用で少し八坂に立ち寄りました。
八坂は初めて行く所だったので ちょっとウキウキしながら行ったのですが 美麻村を通り八坂に近づくにつれ 道はどんどん険しくなり 周りの景色もいかにも山の中・・・という感じで その中にポツンポツンと民家があります。
たまに集落らしいところもありましたが 本当に不便な所・・・と思ってしまいました。
ところが その山道をたくさんの小中学校生が歩いています。
当日は雨でした。
しかし 奥に行っても行っても子供たちが歩いているんです。
八坂は山村留学もやっているので そういう子供たちもいたかもしれません。
来る途中 学校らしきものは気が付きませんでしたが、
この子たちはどんだけ歩いているんだろうと思うと 本当に感心してしまいました。
我が家の子供たちも 結構不便で学校までは遠い部類に入っていたので よその子よりはたっぷり歩いて通学していたほうだけど つい雨の日は かわいそうだと思って行きも帰りも車で送迎していました。
今になると甘い親だったかもしれません。
しかし 一番驚いたのは そんなことではありません。
この子供たち 見知らぬ私たちの車に いちいち頭を下げるのです。
中には立ち止まってこちらを振り返っておじぎをした子供もいました。
かなりの感動です。
村全体での子供に対する教育の素晴らしさと それをきちんと出来る純朴な子供たちに心温まる出来事でした。

ちなみに 白馬の子供・・・
先日相棒が下校時間に国道を通っていたら 前方を歩いていた子供が振り返って親指を立てたそうです。
ヒッチハイクです。
しかし それはそれで 好きだし かわい~な~と思ったけど この違いは・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。